Surface Laptop2をブロガー目線でレヴューしてみた。

公開日: 

皆さんこんにちわともゆりです。

 

ついに私はず~と使用していたデスクトップパソコンから

 

Surface Laptop 2に乗り換えました。

 

今回は使い始めて2週間程度ですが、ブロガー目線でこのパソコンの良さをレヴューしてみたいと思います。

 

価格

まず、皆さんが一番気になるのは価格だと思います。もちろん、お金を掛ければかけるほど性能が良いパソコンを買うことができます。私みたいに家族持ちで、家にデスクトップパソコン2台(色々改造しているので、10年前のパソコンとはいえ高性能)とiPadProがあるので、あまり高いのを買うことは許るされません!

 

そこで、まずは何を買うのか。

 

巷ではMacbookProを買うクリエイターの方やブロガーが多く、私もカッコ良いし買いたいと思い、量販店に下見に行きました。

 

139,800円~220,000円位でした。やはりパソコンは高いな~と実感してしまいました

 

私の場合、動画編集やゲームなどはデスクトップパソコンが快速なので、こっちでできるので、余りハイスペックなパソコンは必要ありませんでした。

 

また、持ち運びさえできればストレージも一番少なくても良かったので、128GBで十分でした。MacbookProの一番安いものにしようと思い、定員さんを呼ぼうとしたら、

 

その横にMicrosoftのブースがあり、Surface Laptop2がありました。このシリーズの価格は

139,000円~260,000円でした。こっちも高いなと思いながらもず~と物色していました。

すると、あのCMが頭に浮かび、一番安いストレージのSurface Laptop2を買いました。

その価格123,000円でした。

 

買った決め手のCM

恐れることを恐れるな 進め 出典ニコニコ動画 kaoruさん

これはSurface ProのCMだったのですが、オシム監督が「恐れることを恐れるな、進め」というインパクトのある言葉が私の心に残っていました。

 

このパソコンを買えば、すべての事柄に対して、勇気を持って進めるのではないかと思い購入を決意しました。

 

レヴュー記事には不適合な動機かもしれませんが😥

 

性能

CPUはIntel® Core™ 第 8 世代 i5若しくはi7が選択できます。i7を選ぶと重量が30gほど重くなるそうです。Laptop2は1に比べて一世代新しくなっており、性能は80%向上しているそうです。

 

現在のi5やi7は性能面に殆ど差はない印象を私はもっていました。私もデスクトップでi7やi5両方を使っていますが、普通に使用する分にはどちらも快適にですし、動画制作やゲームはGPU性能があれば、問題なく行えます。

 

今回は外で使用したいだけなので、それほど高性能なものは必要ありません。一番の下のスペックでもブログや動画視聴はサクサクいけました。皆さんも性能を選ぶのではあればi5で十分でと思います。

 

GPUについてはインテル® UHD グラフィックス 620 (i5)と インテル® UHD グラフィックス 620 (i7)があります。両者とも性能自体はそれほど高くないので、動画編集やゲームには適しません。しかし、ブログや動画視聴または写真編集は全然問題なくサクサクできます。

 

ストレージについてはすべてSSDのため、HDDよりかなり倍速です。HDDは起動までにかなり時間がかかりますが、SSDは本当に早いので、ストレスなくパソコンを立ち上げることができます。容量は128GBから1TBまで用意されています。

 

128GBで十分ですが、OSの容量を差し引くと残り80GBとしか入らないので、データをたくさん入れる人は256GBや512GBに変更されたらどうでしょうか。

 

ただ、昨今はクラウドストレージが発達していますので、パソコン自体の容量は少なめにして、クラウドストレージを活用することをお勧めします。なぜって、その方がスマートだからです🤓

画面

画面は画面: 13.5 インチ でPixelSense™ ディスプレイを使用しています。MacBookとの違いはやはり外面をタッチしながら操作できたり、専用のペンを購入して書いたりすることができることです。

 

結構、タッチディスプレイの評価が低い人やいらないでしょと思う人も多いと思います。私もそうでした。別にマウスやキーボードで操作できるしょと思っていました。

 

しかし~実際タッチディスプレイがあると画面とキーボード両方で操作できるので、ストレスが少なく、直観的に操作できるので、逆に作業時間の短縮にもつながります。また、会議資料を説明する時や資料に線を引くときは、やはりタッチできることは最高と思えます。

 

13.5インチは見やすさはどうですか、小さくはないですかと周りの人に聞かれたりしますが、そんなことはありません。逆に丁度いい大きさと、視野角があり、ストレスなんて感じません。

 

また、画面の解像度が2256 x 1504であり、縦横比が3:2であるので、Webページや文書ファイルならば、より下のほうまで表示できるメリットがあります。これはクラムシェル型のノートパソコンには珍しいとのことで、web観覧や文書作成に向いているようですね。ブロガーにとってはすごく良いパソコンだということです。

外部端子

外部端子は以下になります。

  • フルサイズ USB 3.0 x 1
  • 3.5 mm ヘッドフォン ジャック
  • Mini DisplayPort
  • Surface Connect ポート x 1

以上のみとなります。Macbookもしかりですが、Surface Laptop2も非常に外部端子か少なくなっています。持ち運びで気になる重さや薄さを追求するとこうなるんでしょうが、少し残念な部分ですね。せめて、type-Cをつけてほしかったと思います。これからtype-Cが標準になると思うので次回のモデルに期待しましょう😆

Mini DisplayPortは一般の人には聞きなれないですよね。何に使うのかというと、パソコンの画面をプロジェクターに接続するものですが、まだ、あまり普及していないモデルのようで、接続にはほどんどの場合、変換アダプターが必要なようです。

キーボード

キーボードはかなり打ちやすく反面、静かなカフェでも音が全然しないくらい、静かです。MacBookは「カタカタ」なるし、音は結構響きますね。私は図書館でパソコンを使用しますが、全然響かず注意を受けたことはありません。けど、Macbookを使用していた人は注意されていました😱

 

静かですがキーを押すタイピング音は私好みです。「ボコボコ」と聞こえるので押した実感がかなりありますね。

 

また、キーボードの下には高級素材 Alcantaraが敷き詰められているので、置いている手が疲れず、長時間の仕事も苦になりません。

 

持ち運びやすさ

私は外でパソコンが必要なので、軽さや持ち運びやすさ、そして、カッコよさ(笑)が大事だと思いました。

 

軽さは1252gで軽い部類に入ります。あまりにも軽いとちゃちいモノだと思ってしまいますが、それなりの重さがあり、サイズも小さいので持ち運びは最高です。あと、スマートです😏

windows Hello

windonws Helloは顔認証ログインで、瞬時に認識され、ストレスフリーです。今まではパスワードでログインしていたのですが、Windows Hello を使い始めたら便利で、もうWindows Hello を手放せません。

 

また、マスクや眼鏡をかけた状態でも認識できるような設定もあるので、是非お試しを。

 

Windowsは将来的にはパスワードがない認証システムに変更する予定なので、今からパスワードのない時代を体験することは重要だと思います。

 

 

office

OfficeのWord,Excel,Outlook,PowerPointが無料で使用できます。ExcelやWordはビジネスの方や文書を書く方も多く使用していると思います。実際にこれを買うとなると3.3万円くらいするそうですので、かなりお得だと思います。

 

以上、ブロガーから見たレヴューでございました。本当にかなり良いパソコンですので、是非量販店に足を運んで実機に触れてみてください。

【期間限定】失敗しないためのカリビアンコム3日間無料キャンペーン情報まとめ

続きを読むにはコチラをクリック!

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑